コア・フード国産飼料で未来へつなぐ平飼いたまご

国産飼料で脱・輸入依存。“国内自給率の未来”を考えた卵です。

コア・フード国産飼料で未来へつなぐ平飼いたまご

飼料の90%以上を国産に。

“価格の優等生”といわれ、安定した食品の例に挙げられることも多い「卵」。しかし、日本の卵の国内自給率(カロリーベース)は約12%と低い水準です(※)。その理由は親鶏の飼料の大半を海外に依存しているから。日本の卵生産は、輸入状況に左右されるという不安定さを抱えています。

そこで、パルシステムは親鶏に与える飼料の90%以上を国産にした商品を開発し、安定した鶏卵生産に挑戦します。

飼料の中心となるのは、約5割を占めるトウモロコシ。国産の生産量はまだ少ないですが、国内のトウモロコシ農家と連携し生産拡大を進めることで、おいしいたまごの追求と飼料の自給率向上に取り組みます。


(※出典:農林水産省「令和2年度食料自給率について」「 飼料をめぐる情勢」)

自由に歩き回れる「平飼い」で、のびのびと飼育。

飼育方法は「平飼い」。親鶏をケージの中ではなく鶏舎の地面に放して飼う養鶏法です。自由に動き回れるので、親鶏は余計なストレスを感じることなく、のびのびと成長します。

生産者たちは「親鶏を自然に育て、そのなかから生まれる卵を自然の恵みとしていただく」という考えをもち、生産効率よりも生き物としての親鶏の健康を優先しています。

鶏舎を動き回る親鶏

組合員の利用が、“畜産の未来を作る挑戦”を支えます。

この商品はカタログには掲載されず、注文できるのは「予約登録」のみ。事前注文で将来の利用を約束することで、これまでにない取り組みに挑戦する生産者を支える、生協ならではの注文方法です。

国産の飼料用トウモロコシを作りたいと思う生産者、それを使いたいと思う鶏卵生産者、そして、この卵を選ぶ組合員の想いが「国内自給率を高める」ことに結びつき、持続可能な未来への一歩へとつながります。

商品に込めた想い

JAやさと(茨城県) 松﨑泰弘さん

JAやさと(茨城県) 松﨑泰弘さん

東日本大震災で飼料の供給が止まり、大変な思いをしたことが飼料の国産化を考えたきっかけです。 市販でも国産飼料をうたう卵はありますが、国産トウモロコシを与えているものはほとんどありません。 安定した持続可能な畜産商品づくりに、“食べる”ことでいっしょに取り組んでいただけるとうれしいです。

ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。