パルシステムのお買い物&コミュニティ

エコ・小松菜

生産効率よりも“おいしさ”第一。「えぐみが少ない」と好評です。

エコ・小松菜

おいしさ優先のていねいな栽培。

収穫量を上げるために化学肥料を過剰に与えてしまうと、小松菜の中には「硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)」という窒素成分が残ってしまうことがあります。これが「えぐみ」の原因になると言われているため、パルシステムの「エコ・小松菜」は有機質肥料を使い、じっくりと栽培。ゆっくりと時間をかけ育てることで、小松菜の中に「硝酸態窒素」がなるべく残らないようにしています。「一度食べていただければ、味の違いは実感できると思います。“えぐみが少ない”、“甘みがあって食べやすい”などの声もよく聞かれますよ」(パルシステムの産直青果・米の専門子会社・(株)ジーピーエス)。

土の負担を減らすため、薬に頼らず太陽の力で殺菌。

「エコ・小松菜」は、できる限り化学合成農薬にも頼らず栽培。そのため、各産地の生産者は、虫害、病害の予防に余念がありません。たとえば、有害微生物が繁殖しやすい夏場には、種をまく前に薬剤を使用し土壌殺菌を行うのが一般的。しかし、産地のひとつ茨城産直センター(茨城県)の井坂安男さんの畑では薬剤に頼らず、太陽の熱を生かした土壌殺菌を実施しています。

「薬剤を使うと、よい菌まで殺しちゃうからね。大事に土を使えば農薬なんてほとんど必要ないんだよ」(井坂さん)。
そのほか、除草剤を使わず手作業での草とりや、小さな虫も入り込めない網目の細かい防虫ネットを使用するなど、農薬削減のためのさまざまな努力や工夫を続けています。「うちはおいしさが第一。そのためには手間は惜しまないよ!」(井坂さん)。

ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。

商品カテゴリ

おすすめ