エコ・キャベツ

定番野菜にこそ、安全性を心がけた栽培を。 「芯まで甘い」おいしさも追求。

エコ・キャベツ

厳しい農薬削減基準をクリア!毎日食べる野菜にこそ“安心”を。

サラダ、炒め物、スープなど幅広いメニューで親しまれるキャベツ。しかし、市販には、農薬を多用して育てたものもあります。「キャベツは葉がやわらかく、病害虫の被害を受けやすいので、ほかの葉物野菜と比べても農薬の削減はなかなか難しいんです」(パルシステムの産直青果・米の専門子会社・(株)ジーピーエス)。
しかしパルシステムでは、化学合成農薬の使用をできるだけ抑えた「エコ・チャレンジ栽培」に取り組んでいます。使用回数だけでなく、やむなく使う場合も農薬の内容をチェック。パルシステムが「環境や人体への影響が大きい」と判断した化学合成農薬や除草剤・土壌くん蒸剤などは使いません。その分、生産者は手作業で除草をしたり、病害・虫害の予防には人一倍気を遣うなど、ていねいに育てています。

両親が続けてきた「産直」の楽しさを実感しています。

各産地では安全性はもちろん、おいしいキャベツを作るため、生産者が様々な工夫をしています。「JAちばみどり海上産直部会」(千葉県)の生産者、石毛司さんもそのひとり。パルシステムの「産直産地」として農業を営んできた両親の跡を継ぎ、「エコ・チャレンジ」栽培に励んでいます。

201807-eco-cabbage-img01

「覚えることは多いですが、大変とは思っていません。堆肥や緑肥を使った土づくり、こまめな草とりなど、すべてが当たり前に必要なこと。それに両親を見て育つうちに、“産直を続けることには意味がある”と、思っていましたから」

梅雨入りをひかえた時季のキャベツは、「巻きがよくて、身が詰まっていておいしい」と教えてくれた石毛さん。「産直は組合員のみなさんや、先輩生産者との交流できるのが楽しい。子どものころも畑は大好きな遊び場でしたが、今は仕事場として大好きな場所になりました」

ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。

商品カテゴリ

おすすめ