パルシステムのお買い物&コミュニティ

エコ・キャベツ

定番野菜にこそ、安全性を心がけた栽培を。 「芯まで甘い」おいしさも追求。

エコ・キャベツ

厳しい農薬削減基準をクリア!毎日食べる野菜にこそ“安心”を。

サラダ、炒め物、スープなど幅広いメニューで親しまれるキャベツ。しかし、市販には、農薬を多用して育てたものもあります。「キャベツは葉がやわらかく、病害虫の被害を受けやすいので、ほかの葉物野菜と比べても農薬の削減はなかなか難しいんです」(パルシステムの産直青果・米の専門子会社・(株)ジーピーエス)。
しかしパルシステムでは、化学合成農薬の使用をできるだけ抑えた「エコ・チャレンジ栽培」に取り組んでいます。使用回数だけでなく、やむなく使う場合も農薬の内容を吟味。パルシステムが「環境や人体への影響が大きい」と判断した農薬や除草剤・土壌くん蒸剤などは使いません。その分、生産者は手作業で除草をしたり、病害・虫害の予防には人一倍気を遣うなど、ていねいに育てています。

成分を分析し土壌を診断。健康な土づくりに取り組みます。

各産地では安全性はもちろん、おいしいキャベツを作るためにさまざまな工夫をしています。JAつくば市谷田部産直部会(茨城県)のキャベツ生産者、関口和美さんは、10年以上前に「エコ・チャレンジ栽培」に取り組み始めました。


「まず健康な土につくり直すことから始めました」(関口さん)。JAつくば市谷田部産直部会では、土の成分を分析し土づくりを行っています。「土に足りない成分がわかれば、必要な肥料の種類や量を的確に与えられるんです」。
もうひとつのこだわりは、畑に与える堆肥。「微生物の力でじっくり発酵した有機質肥料が健康な土をつくるんですよ。うちでは野菜くずを利用した堆肥を使っています」。
「甘くてあと味よく、パリッとみずみずしい。これも健康な土のおかげだね」と関口さんも自信を持っておすすめしています。

ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。

商品カテゴリ

おすすめ