パルシステムのお買い物&コミュニティ

いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳

飲み比べれば、低温殺菌ならではの上品な甘みを実感!

いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳

工場近郊から集まる新鮮な生乳。

奥中山は岩手県北部、青森県との県境に近い内陸部にあります。標高300~1000mで、高原野菜の栽培と酪農が盛んな地域。『いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳』は、1999年にこの地に誕生した「奥中山高原農協乳業(株)」が製造しています。

cont_COP11_AD_459

同社は、「自分たちが搾った生乳をじかに消費者へ届けたい」という思いから、地元の酪農家が共同出資で立ち上げた会社。酪農家は全員、工場から半径10㎞以内に居住し、『いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳』の原乳を生産する酪農家では、非遺伝子組換え飼料での飼育に取り組んでいます。
低温殺菌の牛乳には、細菌数の少ない生乳が不可欠。奥中山高原農協乳業では、搾乳場所と工場の距離が近いため、生乳の鮮度を損なうことなく工場へ届けられることが大きな利点になっています。

より自然な風味を残す殺菌法です。

現在、市販の牛乳でもっとも多いのは、120℃以上で2~3秒加熱する「超高温短時間殺菌」。パルシステムでは、72~75℃で15秒加熱する「高温短時間殺菌」の牛乳をメインにお届けしていますが、『いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳』は、さらに低い温度の65℃で殺菌しています。
殺菌時間は30分と長め。しかし、たんぱく質の熱変性に大きく影響するのは、時間よりも加熱温度です。低温殺菌牛乳は、どの製法よりも生乳の自然な風味を残し、さっぱりとした飲み口のなかに上品な甘みがあります。

非遺伝子組換えの飼料に限定。

もうひとつの大きな特徴は、飼料の原料すべてに、非遺伝子組換えのものを使用していること。現在、日本の畜産業は輸入のとうもろこしに頼っています。その多くをアメリカから輸入していますが、非遺伝子組換えのとうもろこし作付面積は8%程度しかなく、かなり希少な飼料と言えるでしょう。
奥中山の小さなエリアで搾乳・加工しているからこそ実現できたこだわりの牛乳。価格はやや高めですが、それに見合う安心感とおいしさ、そして、ぜいたく感があります。

パックはリサイクルしています。

紙パックは、パルシステムでリサイクルして使われています。捨てずに、切り開いて軽く洗い、乾かしてから保冷箱へお入れください。
パルシステムのリユース・リサイクル

商品カテゴリ

おすすめ