パルシステムのお買い物&コミュニティ

エコ・りんご

農薬を減らした分、手間をかけた産直りんご。

エコ・りんご

りんごの樹をこまめに観察しています。

一般のりんご栽培では、病気や害虫が出ていなくても、決められた期間に決められた回数、予防のための農薬を散布することがほとんど。一方、パルシステムの産直産地では、生産者が葉の色、枝ぶりなどを毎日こまめに観察することで、農薬は本当に必要な時に使用し、最小限に抑えています。

養分が豊かでフカフカの土の園地で育ちました。

産地では有機質肥料を使って長年土作り。りんご園の土は、土壌微生物がイキイキと活動しているためフカフカです。「化学肥料と違って有機質肥料は、効き方がゆっくり。この肥料で土づくりをしながら、樹にじっくりと養分を行き渡らせると、病気にかかりにくい丈夫な樹に育つんですよ」とサンファーム(長野県)の下川さん。

cont_PS_KCB_1552L

夏場は、土の養分を奪い、害虫発生の温床にもなる雑草に悩まされますが、除草剤は使いません。安全性のため、そしてよりおいしいりんご作りのため、生産者は暑い夏のあいだ、何度も草刈りをしています。

産地の枠を超えて、生産者同士が話し合っています。

パルシステムのりんご産地は、東北や長野県と広範囲に渡りますが、毎年、各産地の代表が集まり「りんご会議」を開き、「どうしたら農薬を減らせるか」といったことを話し合っています。温暖化が進むなか、新しい病気の発生等、農薬の削減にはむずかしい状況が続いていますが、りんご会議の産地が一丸となって取り組んでいます。

ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。

商品カテゴリ

おすすめ