パルシステムのお買い物&コミュニティ

毎日のマーガリン

組合員の声でトランス脂肪酸をさらに低減。

毎日のマーガリン

「マーガリンのトランス脂肪酸が気になる」と、ひとことメールで多くの声が。

米ぬか油を主原料に使い、あっさりとしていながら、コクのある味わい。その名の通り、毎日使えるたっぷりサイズと手ごろな価格、風味のよさで人気のパルシステムオリジナルマーガリンです。欧米やWHOで、マーガリンなどの加工油脂に含まれる「トランス脂肪酸」(*)について報道がなされて以来、「マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が気になる」という声が、ひとことメールなどを通じて、多く寄せられていました。
(*)トランス脂肪酸は、脂肪を構成する成分のひとつ。加工油脂だけでなく、牛肉や乳製品にも含まれます。善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やす効果があるとされ、欧米ではトランス脂肪酸の摂取を総エネルギーの1%以下にするよう勧告しています。
一方で、日本人の平均的な食生活には魚類などの飽和脂肪酸摂取が少ない傾向にあり、トランス脂肪酸の影響は心配ないとされています。

2012年にトランス脂肪酸を100g当たり1gに低減してリニューアル!

味わいや風味はそのまま、2012年より、トランス脂肪酸を、従来の100g当たり2gから1g(理論設計値)に低減してリニューアル。一般的に食パン1枚に塗るマーガリンの量は10g程度とされるため、含まれるトランス脂肪酸は0.1g程度となります。

cont_margarine02

日本的な食生活からみると、魚介類に由来する不飽和脂肪酸の摂取が多いため、飽和脂肪酸を含む肉類中心の食生活を送る欧米と比較すれば、トランス脂肪酸の影響は少ないものと考えられます。
脂肪の多い食品や、ファストフードを多く利用する方は、意識してバランスのよい食生活を心掛けましょう。

ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。

商品カテゴリ

おすすめ